愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部

◆バードウォッチング部ログ◆

2011年東北関東大震災への支援と情報
2011年3月11日、東北地方を中心に巨大地震および津波が発生し、想像を絶する被害が出ました。この未曾有の事態を乗り切るために、私たちがすべきことがあります。それは、一部マスコミのように政府批判ばかりしたり、不安を煽る表現をしたり、被害者に対して心ない質問をすることではありません。正しい知識を持って、冷静に行動し、被災者に具体的な支援をおこなうことが何より重要です。以下、皆さんに知っていただきたい情報です。

募金:日本赤十字社
募金:Google
募金:Yahoo
原発に関する専門家の意見。
情報収集に役立つまとめサイト。

地震や津波は広範囲にわたり、被害額は国だけでは賄いきれないほどです。個人からの寄付が、大きな助けになります。また、大きな被害のない地域の方は、食料や燃料を買い占めたりせず、本当に困っている被災地の方に物資の輸送が滞ることのないように、節約、節電しましょう。

[この場を借りて・15期部長]
[PR]
# by birdclub | 2011-03-15 07:46 | つぶやき
about ナベヅル
私は最近、財団法人 日本野鳥の会の方のHPでナベヅルについての習性や渡りの状況などを知った。
ナベヅルの現状
ナベヅル・マナヅル分散プロジェクトについて(このページでは、トモエガモが鳥コレラによって死亡した死骸写真があります。気分を害される方は、閲覧しないで下さい。)

ちょうど一週間前、これらのページで ナベヅルについて知りました。たとえば、鹿児島県出水地方には、10,000以上のナベヅルが集まるそうです。今年は、12日の調査で1万3006羽を確認。1962年から続く調査で過去2番目に多い数らしいです。もし、この10,000を超える集団の中で感染症が集団発生したらどうなるでしょうか?ナベヅルは、絶滅危惧種(レッドリスト)にも登録されています。また、次のような事実を知りました。2010年10月韓国の浅水湾で10,000羽以上のトモエガモが鳥コレラにより死亡。2002年12月には、総個体数が1,000羽ほどしかいないクロツラヘラサギのうち73羽が,集中越冬地の台南でボツリヌス菌による中毒で死亡。
で、何が言いたいかといいますと・・・
BIG LOBEのトップニュースで、「鹿児島県出水市で死んだナベヅルのうち新たに3羽で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。ウイルスは、先に感染が判明したナベヅル2羽と同様、H5N1型の強毒タイプだった」(12月27日(月)19時46分)という記事を見ました。
1週間前、自分は「感染症が鹿児島県出水地方にいるナベヅル集団発生したら、大変なことになるぞ。 10,000羽以上が・・・」などのようなことを 思っていました。 今、私は日本野鳥の会員として 日本野鳥の会愛媛の会員として バードウォッチング部の部員として 野鳥ファンとして 非常にこの問題に危機感を持っています。 また、このような 危険性があるというのを 皆様にも知って貰いたいと思い、つぶやきとして 投稿しました。
tada
[PR]
# by birdclub | 2010-12-27 21:39 | つぶやき
今年度 最後の探鳥会かな。
今日は、県運動公園探鳥会に行ってきました。今日は、お世話になっている水口さんが野鳥の会愛媛のお仕事を退かれるとのことで あいさつも兼ねて 探鳥会に参加してきました。
まず集合場所を降りるとすぐそこにある西大池をみんなで観察しました。そこには、ざっと100羽を超えるカモの群れがありました。フィールドスコープを覗くと、なんとまぁ 鳥の体色が真っ黒なこと。 逆光でした。 ちょっと 移動すると、きれいにカモを見ることができました。オオバン、ホオジロガモ、ホシハジロなど 自分が見たことのない鳥がいて 興奮しました。
また水口さんから、「普通のカモは尾が上に上がってるんだけど・・・海ガモは尾が下に下がっている」ということをお聞きしました。図鑑を見ても、一目瞭然。はっきりと分かりました。
そこではヒヨドリ、ツグミ、鳴きながら 木と木を往復してました。
そこで、自分は 1回抜けて 学校で模試を受けていた福井君を迎えに行きました。砥部の風は キツい(汗) キツい(汗) 運動不足の自分に向かい風は、つらい物があります。
なんとか、運動公園に戻ることができた自分たちは 後を追いました。みんなの、姿が見えたと思ったらなにか ざわざわしています。何かと尋ねると、「ノスリが木に留まっていた」と髙岡 我々は いきなりで「おー」 しか言えず ビックリ。 運動公園 恐るべし。
それから、進むと。マヒワがいると前でおっしゃった。最初「マフィア」と聞こえた自分は、ちょっと びくっりした。水口さんはマヒワが帰ってきたかと 大興奮。! 水口さん曰く 数年振りらしく・・・(4、5年振り?) ♂♀両方いて よく違いが分かった。長いこといてくれたので、みんなでじっくり観察することができました。それからマヒワを観察していると カラスが一斉に、飛び立ったのを観察。丹下先生は、「カラスが一斉に飛ぶということは、タカがいるんだ」とぽつり。私は、それをフィールドノートにメモメモ。少しすると、空ではタカのオンパレーード。笑 これは 嘘ではないですよーー。 ノスリ、ハイタカ、オオタカと次々に 現る。 オオタカは、カラスと混じって飛んでいたので、大きさも少しの時間だったが観察できた。
マヒワ~タカを観察していると時間も過ぎていき、先を急ぐことに。・・・
途中、ヤマガラにも出会う。
時間が来て、鳥合わせ。
今日は、鳥たちも水口さんに 何か言いに来たのだろうか・・・笑
カワウ20 カイツブリ3 ダイサギ1 コサギ1 アオサギ2 マガモ50+ カルガモ3 コガモ10+ オカヨシガモ1 ♂ ヒドリガモ20 オナガガモ10 ハシビロガモ1 ホシハジロ20+ キンクロハジロ20+ ホオジロガモ1 オオタカ1 ハイタカ2 ノスリ1 バン1 キジバト3 コゲラ4 セグロセキレイ1 ヒヨドリ30+ シロハラ5 ツグミ10+ ウグイス1 ヤマガラ3 シジュウカラ メジロ30 アオジ1 カワラヒワ2 マヒワ50+ ハシボソガラス10+ ハシブトガラス3 オオバンが抜けているような・・・・
メモ:モミジバフウ(アメリカフウ)の実を、マヒワ盛んにつつく。
合計:34種
天候:雲1つない 空(快晴)
場所:県運動公園
鳥あわせ終了後、水口さんが野鳥の会愛媛の探鳥会でのお手伝いを 退かれるとのことで 花束と探鳥会参加者に書いて戴いた色紙を 水口さんにお渡しした。水口さんがお昼ご飯を ごちそうしてくれた。水口さんと「思い出の鳥」や「アカショウビンを見たこと」や「福井君」についてのお話をした。
また、県運動公園の探鳥会は、水口さんが城山探鳥会で日本野鳥の会愛媛の人に紹介して 実現したこと。など貴重な、お話もして戴いた。もちろん、いつもながら ユーモアな話もして下さった。
「朝、水口さんがアカショウビンの声で起きられたしく 裸足で外に出そうになったらしい。しかし、その声は 日本野鳥の会で買った目覚まし時計のアカショウビンだった。」
水口さん 18年間 お疲れ様でした。これからは、お体に気をつけて 鳥思いっきりやって下さい。
              平成22年12月12日(日)22期部長多田
ヒメクダマキモドキ?
d0008072_1954979.jpg

マヒワを観察しているとタカが現れる。みんな、一斉に空を向く。
d0008072_1962034.jpg

[PR]
# by birdclub | 2010-12-12 19:01 | 探鳥会
久しぶりの探鳥会
今日の探鳥会は約20日ぶりの探鳥会でした。
朝から、 ハラハラ ドキドキ 城山につくと ヒヨドリが、色々な場所で鳴いている。
紅葉も、すごく綺麗だった。黄色や赤色など。 なぜか、紅葉に浸る自分。昔は、紅葉を見ても 何も思わなかったのに・・・もーそんなに歳をとったのかと 思った。
また、バードバスには シロハラやルリビタキ♀が現れた。シロハラは、しっかり見えた。
が、肝心のルリビタキ♀は 自分がピントを合わす前に 飛んでいってしまった。ぼやけては、見えたが う~~ん。納得できない自分。
最後は、やっぱり タカ!と思ったら 怪しげな 3機?2機?の 戦闘機?航空機?らしき 赤色を帯びたのが 空高く 北から 南に過ぎ去った。あれは、一体何だったんだろう。ある人は、○○○から○○○がきたとも・・・笑
そのあと、しっかりタカも現れました。あと、今回の探鳥会で タカかなぁと思ったら、カラスだった というパターンが 自分だけじゃないと分かったので 一安心でした(笑)
自分としては 推薦入試から一般入試へ心を切り替えられた 充実した探鳥会でした。
ハイタカ1 オオタカ1 キジバト1 アオゲラC1 コゲラ4 ヒヨドリ30+ ルリビタキ♀1 ジョウビタキ♂1 シロハラ8+ ツグミ10+ ウグイス2 エナガ20+ ヤマガラ10+ ゴジュウカラ1 シジュウカラ5+ メジロ40+ アオジ5+ カワラヒワ2 スズメ3+ ハシボソガラス5+ ハシブトガラス5+ ドバト21種
場所:城山
天候;快晴
時間;8:30~11:30
※長い間、愛媛県運動公園と城山(松山城)の担当として探鳥会をされていた 水口さんが 12月12日 日曜日の県運動公園探鳥会をもって 退かれます。集合(時間)・場所は、(9:10)陸上競技場前バス停前です。・バスは松山市駅8:30発、えひめこどもの城行きで、陸上競技場前下車(9:05)
私たち松山中央高校バードウォッチング部は、当日 寄せ書きを参加者の皆様に書いて戴こうと考えています。ご協力の程、よろしくお願いします。駐車料金は、無料になります。
バードウォッチング部22期部長 多田
バードウォッチングに興味ある子いないかなぁ・・・ブツブツ
[PR]
# by birdclub | 2010-12-05 19:25 | 探鳥会
久しぶりの探鳥会&ゲスト参加
今日は、探鳥会にゲストが参加してくれました。その方は・・・昆虫展に一緒に行った Urabeさんです。この部logには2回目の登場ですね。
探鳥会前日、私は「動きやすい服装かつ汚れてもいい服で来て下さい」と言いました。
朝彼女を見てみると・・・うん まぁ 「今度は、動きやすい服装で来てもらおう」と 思いました。
一方探鳥会では、ツグミ、ジョウビタキ、カワラヒワ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワセミ、モズ など 中流を代表する鳥が現れてくれました。タカなどの猛禽類が現れなかったのは残念ですが・・・ 彼女の運が悪いのか・・・・(おっっと口がすべった)笑
彼女も始めてのわりには、バードウォッチングを楽しんでいてくれていたので よかったです。
帰りは、ダジャレのオンパレードでした。A4でえーよん・・・etc
我々、学生は お昼で 帰らせてもらいました。
hukuiがカワラヒワの左端の風切羽をゲートボール場で拾う。
9:00~12:00
天候:曇り
tada
[PR]
# by birdclub | 2010-11-14 18:28 | 探鳥会
久しぶりです!
 行事ごとやら、用事やらで最近顔を見せてなかったhiyamaです。 久しぶりの部ログ更新です。 今日は顧問の先生の車で南楽園の探鳥会に。 行きしに車に酔いつつ無事?に到着。 探鳥会では、鳥を見る以外にも、木の実を集めたり、その木の実を食べたり、偶然生えてキノコを見ながら進んでいきました。 ちなみに自分はよく探鳥会でキノコを見ているような気がします。 なぜ? 木の実はそれなり美味しかったです(栗のような味でした)。 また、トンボも見ました。 あとオオタカが他の鳥にちょっかいをだされている様子も見ることができました。 なんでもこんなことは珍しいということ。  探鳥会終了後は、アサギマダラのマーキングに同行させていただきました。 そこでは、マーキングの仕方などを教えていただきました。 自分でも、数匹やってみました。 誰かが、受け取ってくれるといいなと思います。 ちなみに今回はデジカメをわすれてしまったため写真はありません。 顧問の先生は沢山撮っていましたが・・・

メジロ17+ ヒヨドリ13+ ヤマガラ3 スズメ5 トビ13+ ハシボソガラス4+ アオサギ4 シジュウカラ4 ハシブトガラス7 セグロセキレイ4 カワウ6 カワラヒワ2 キジバト3 コゲラ2 モズ3 アオゲラ1 ドバト4 イソシギ2 カルガモ2 ツバメ7+ ミサゴ4 サシバ2 ノスリ2 ウグイス2 カワセミ2 セキレイ3 ハクセキレイ1 ハイタカ3 ハヤブサ1 ホオジロ1 エナガ4 オオタカ1 コサギ1 イソヒヨドリ1 計34種 参加者11名

場所:南楽園
天候;晴れ
時間;9:00~12:00

hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-10-17 21:32 | 探鳥会
あたた・・
今日はいろいろ、あたた..な探鳥会でした。
hukuiくんは持病(ん?)の腰痛
自分は行きしに転倒(ちゃんと前見てたのになぁ..)
tadaくんはー。うん。一番大変そうでした(笑

集合場所についたとたん、tadaくんまさかの帰る宣言。
災難も重なりそのまま去っていきました。

私は運動公園での探鳥会は初めてでした。
景色も綺麗で、緑いっぱいで
間近でのヤマガラの水浴びや、エゾビタキにもお目にかかれてよかったです!

自転車置き場でご飯タイムして、いざ出発!と思ったら
二人で迷子。。ムダに坂を上り下り(かなりキツイ
なんとか入り口まで出られ、
バッタとカラスが飛び交う土手をぬけて家に帰れました!
ひゃーよかったよかった♪

あ、最後のとりあわせの時に、新聞宣伝するの忘れてしまいました
ごめんなさい(泣)!!!


カイツブリ1 カワウ1 アオサギ1 ダイサギ1 オナガガモ3 コガモ5 バン1 キジバト3 カワセミ1 コゲラ3 ハクセキレイ10+ キセキレイ3 セグロセキレイ2 ヒヨドリ25+ モズ3 ウグイス1 キビタキ3 オオルリ1 エゾビタキ10+ エナガ1+ ヤマガラ7+ シジュウカラ3 メジロ20 カワラヒワ2+ スズメ2 ムクドリ3+ ハシボソガラス5+ ハシブトガラス5+   計28種   参加者23名    

場所: 県運動公園 
天候: 晴れ
時間: 9:00~12:00


mina.
[PR]
# by birdclub | 2010-10-10 22:53 | 探鳥会
毎日新聞に載る!
あい仲間:松山中央高バードウオッチング部 鳥を通じて楽しみ広がる /愛媛
 松山中央高には県内の高校で唯一、野鳥を観察する「バードウオッチング部」がある。創部は、高校創立と同じ87年。部長の多田正和さん(3年)によると、同校の周辺に重信川や田園地帯が多く野鳥が多いというのが創部理由だという。

 多田さんは2年生の時、生物の授業で先生に「バードウオッチング部に入れば自然を観察できる」と言われ2年時に入部した。しかし、当時の部員は0人。同級生の福井一成さんと高岡美奈さんを誘い活動を始め、今年からは日山登治君(1年)が入部し、現在の部員は4人になった。

 主な活動は、毎週末にある「日本野鳥の会愛媛」の探鳥会に参加すること。同会の専門家などと、重信川や松山城周辺など県内で望遠鏡や双眼鏡を使い野鳥を観測している。

 多田さんは探鳥会で、市街地のカラスが、クチバシから頭にかけて形が違うハシブトカラスとハシボソカラスの2種類がいることを知った。「何気なく見ているカラスが1種類でないことを知り、面白かった」と話す。

 同部は06年まで、重信川中流から河口にかけて週に2、3度観測し、アオサギやカワセミなど60種類以上の野鳥を観測し、増減などを記録していた。しかし、部員不足で07年からは記録が残せておらず、年1回の部報「イカルチドリ」を出すにとどまっている。

 多田さんは「鳥を通じたくさんの人に話を聞けるのが楽しい。部員を増やし、重信川の野鳥観測をしたい」と意欲を語る。【村田拓也】

毎日新聞 2010年10月8日 地方版


※60種以上という数字は、私たちが中央祭の展示(重信川中流の資料)で使うため野鳥の会愛媛が発行しているコマドリ(2009年5・6月号~2010年9・10月号)から中流で何種類確認されたのか 部員が数えた数字。
    ・60種以上という数字は決して松山中央高校バードウォッチング部が創部以来続けてい       た、中流の観察の種類数ではありません。
※記事の中でtakaoakaはhukuiと一緒に入ったようになっていますが、正確にはhukuiが2年で入ってtakaokaは3年で入りました。
   色々取材の中で数字が飛び交ったので、間違えて伝わってしまったのでしょう。
    すみません。
[PR]
# by birdclub | 2010-10-09 21:07 | つぶやき
取材
な、な、なんと 我が松山中央高校バードウォッチング部を取材したいと 毎日新聞社の方が来られた。なんでも このHPを見られていたとか・・・実際にお話を戴いたときは ちょっと ビックリした。 何をお話すれば いいのか、授業中も 話す内容を考えました。(考える暇は 一分もありませんでしたが)
それから放課後、ライターさんと 部員4名で お話(取材)をしました。
今回の取材で、やっぱり思っていることを言葉にするのは難しいと思いました。
ライターさんも取材が進むと同時に、鳥について興味を抱いてくれました。
カラスってカラスじゃないの?こんなにも種類があるんだ・・・ とかとか。
取材は順調に進み、最後 土手で写真を撮ることに。
中流をこうやって見られるのも、残りわずか。なんか 寂しいものです。
この2年間でのバードウォッチング部での感動を後輩に伝えて、誰かに 興味を持ってもらえればと思います。
2,3日後 毎日新聞に掲載予定らしいです。
tada 
[PR]
# by birdclub | 2010-10-06 20:25 | ・・・
文化祭
中央祭も終わりました。
今振り返ると、かなりいい 展示物が出来たのではないかと思います。
今回は1年のhiyamaは生物部や生徒会の方の仕事で忙しく、3年生3人が主となり展示物の製作にあたりました。日曜日は1日学校にこもって、展示物を作ったり 平日も毎日学校に残って作りました。なんとか、中央祭前日に展示物も間に合いました。前日の夜、自分は どのようにbwcの部員として、鳥を分かりやすく かつ 興味を引けるような説明をすれば いいか 考えました。(結論出ず。・・・)
翌日・・・  私はかなり、ドキドキしながら 展示を見に来られる 保護者を待ちました。 時間も過ぎていくと同時に、見に来られる人の数も増えていきました。先生方も何人か 来られました。
先生方が「へーーー    中央高校前に こんな鳥がいるんだ。ーー」と関心を もたれる度に 自分は メチャクチャ嬉しかったです。
最後にトビが飛翔していました。
そこに丁度imaiという同級生がいて、双眼鏡を覗かせると 「スゲー スゲー」と連呼」していました。 こんな感じで バードウォッチングを、みんなに分かってもらいたいです。
つか、 バードウォッチングを広めていきたいです。
tada
d0008072_23195582.jpg
d0008072_23201575.jpg

d0008072_23203593.jpg
d0008072_23204894.jpg

d0008072_23261092.jpg

↑最近、1人でバードウォッチングをしているらしく(自宅周辺で) 見た鳥を翌日 報告してくる部員。
[PR]
# by birdclub | 2010-09-22 22:25 | 部活
河口鳥類調査
今日は、河口鳥類調査(探鳥会)がありました。
9月なのに涼しくならない。
異常気象の現れか!?
集合時間は、hukui君の電車の時間に合わせると開始時刻よりはやめだったので「部長の思い出巡り」と題して 周りは田んぼではありますが私の家に招待しました。そこから、空港の滑走路の前を通って河口に向かいました。まず、南岸(松前側)で海を見ました。カラスがたくさん。トビも2匹休んでました。海を見ると、何か『プッカプッカ』浮いているのが見えました。なんと「アジサシ」さんらしかったのです。河口は、やっぱりすごいなぁ。
そっから、北岸(松山市)に移動!。
最初、miyaokaさんやakiyamaさんを探していたのですが・・・ なかなか見つからず。
奥の方へ行ってみると、奥の 奥にいらっしゃいました。 miyaokaさんの所へ行ってみると、さっきまでカラフトアオアシシギがさっきそこにいたとか・・・ 残念!
砂浜からあがって、岸に沿って 調査していくと、なんと  「ミサゴ」登場  
ミサゴが狙いを定めて 定めて  ダイビングーーー! と自分は思っていたら なんと途中で急浮上したとか・・・ そのミサゴは 魚を捕るのがまだうまくないらしく、miyaokaさん言うには、若鳥とか・・・ 人間も 鳥も 経験が大事なのか・・・ うーー なるほど(泣)
もっと探鳥会を積まなければ。
また岸を東へ進んでいくと 電柱の上に鳥を発見!
私はすぐさま 双眼鏡で確認! スズメ?と最初は思いましたが、 フィールドスコープで確認し直してみると ヒヨドリらしき鳥が。
すると、hukui君が 「部長! これは、イソヒヨドリです」と言いました。
やっぱ、毎日 家の周りで 鳥を見ている人は違うなぁ! 見直したぜ!
デジスコに挑戦! その時間帯は風が強くブレました。自分が撮れた写真は、体色が若干分かる程度。 部員の皆さん 期待させてすまない。
北岸の調査が終わり、南岸で鳥合わせ。 なんと南岸(松前側)でヘラサギがみれたとか。 
鳥合わせも終わり、北岸のデータを写させてもらったあと、 ため池にいってみました。
なんと、そこでは サギが池を挟んで にらみ合いみたいなことをしてました。(にらみ合いは言い過ぎかも・・・ お互いを見ている感じ) 片方は3匹 池を挟んで向こうの岸はダイサギ コサギ ゴイサギ ホシゴイ 合わせて15+匹  また目の前の木には ホシゴイが木に止まっていました。
自分は、takaokaさんに デジスコやってみては?と薦めました。 いざ やってもらうと、 上手かった。ピントも綺麗にあっていた。ゴイサギにも挑戦してもらうと、 これまた ビックリ。
部長の立場が・・・ 時間がたって ため池の 側の木を見てみると 木に3匹の サギが・・・
サギ山出来るのでは? と思いました。(笑)今頃 ため池はどうなってるんだろう。気になる・・・
帰る頃には、夕日が 沈みかけていました。 綺麗だったなぁ。 海に反射した 夕日。
また、 不思議な鳥にも遭遇。 なんだろう。
(北岸)カワウ1 ゴイサギ10 ダイサギ16 コサギ15 アオサギ9 マガモ1 カルガモ11 ヒドリガモ13 ミサゴF2 トビ3(F2) コチドリ2 イカルチドリ7 シロチドリ58 メダイチドリ13 ムナグロ2 キョウジョシギ7 トウネン6 アオアシシギ1 キアシシギ8 イソシギ6 ソリハシシギ5 ウミネコ2(F1) キジバト5 カワセミ1 ツバメ1(F1) ハクセキレイ1 イソヒヨドリ4 ウグイス1(C1) スズメ13 ハシボソガラス17 ハシブトガラス4 カラフトアオアシシギ1 ドバト1
(南岸)ヘラシギ1 クロハラアジサシ1 シマアジ
時刻:13:00~17:00
天候:晴れ
tada
d0008072_20493578.jpg

ホシゴイ: 撮影者:22期部長tada
d0008072_20411763.jpg

ゴイサギ 撮影者:takaoka 
d0008072_20475931.jpg

イソヒヨドリ 撮影者:22期部長tada
[PR]
# by birdclub | 2010-09-20 19:20 | 探鳥会
探鳥会 in 河口
更新遅れました。
昨日は学校のゼミの後、久々の河口でした。
とはいっても私たちは途中参加だったので調査結果は後から教えていただきました。
ムナグロ、コチドリなどは見ることができましたが、自分がまだ見たことのないミサゴなどには間に合いませんでした。自分の目で見られなかったのは残念..
bwcの3人+1。人最後はしっかり夕日も見て、心癒されました!!
道も覚えたので息抜きに一人でもいってみようかなぁ♪
ふーくん 体力なさすぎ

カワウ5 ゴイサギ16 ダイサギ3 コサギ10 アオサギ4 マガモ1 カルガモ8 コガモ1 ヒドリガモ12 ミサゴ1 トビ1 コチドリ8 イカルチドリ6 シロチドリ18 ムナグロ1 キョウジョウシギ4 トウネン8 アオアシシギ1 キアシシギ11 イソシギ11 ソリハシシギ1 ウミネコ162+ キジバト2 カワセミ(幼鳥)1 ハクセキレイ3 セグロセキレイ1 モズ(C)1 セッカ(S)1 カワラヒワ1 スズメ15 ムクドリ7 ハシボソガラス16 ドバト1  計33種


◎重信川河口
天候:晴れ
時間:16:30 ~ 17:00

mina
[PR]
# by birdclub | 2010-09-12 21:52 | 探鳥会
久しぶりの探鳥会
うわ! およそ20日ぶりの 更新 つまり  それまで探鳥会に行っていないのか・・・笑
木曜日体育大会がありました。 今年は異常気象の中、行われました。 かなり キツかった。
探鳥会は・・・ どした!? 男共。 女の子のtakaokaさんは 来ているのに・・・ 男共よ。
hiyamaは始めての体育大会だから 疲れがたまるかもしれないが・・・ hukuiよ・・・ 頑張れ!
探鳥会での始めのakiyamaさんのお話で、なんと ムシクイが渡りの時期だと。思うと、去年はムシクイはたくさん見たんだが、 今年はまだ1度もお目にかかっていない。・・・ どうしたことやら!
ムシクイをみようと、城山を登ろうとするが足が・・・ 自分も 疲れがたまっていたようだ。笑
始めは、なかなか鳥を見ることが出来なかった。takaokaさんも 始まってから10分後に合流。
始めはなかなか鳥をみることができなかった。まぁ これは 毎度おなじみだから しょうがない。
それから 歩いていると、メジロが出てきた。いい すべりだしだ。 歩いていると、今年の会員証の話題が出た。今年の会員証、自分はクマタカだとばっかり 思っていた。・・・調べ直してみると、東京都で撮られたツミ(♀)だった。 間違えて言ってしまった方々 すみません。水場について、待っているとシジュウカラとヤマガラがきた。ラッキーな感じ・・・ 自分は双眼鏡を見ていると、うしろからtakaokaさんが隣の喫茶店を見て「かき氷~~~~~」「かき氷~~~~」おごれと目で訴えかけている。 確かに かき氷が ほしい位の暑さだ。その後、エナガが出たり、・・・ その後は 何もでず・・・ 頂上は暑いので、頂上から降りたところで鳥合わせすることに・・・ そっから、解散して・・・降りていたら takaokaさんが 海を見て感動に浸っていた。笑
そっから 別れて帰宅!
hukui hiyama はやく 戻ってこい!キジバト2 コゲラ3 ツバメ3ヒヨドリ5+(そのうち1匹は、頭の毛が少ない) エナガ20+ヤマガラ10+ シジュウカラ2 メジロ20+スズメ5 ハシボソガラス1ハシブトガラス3+ ムシクイS.P.2 11種  参加者25名
天候:晴れ
時間:8:30~11:10
d0008072_19335668.jpg

d0008072_19473423.jpg

こんな 雲の下で 気持ちよく お昼寝したい・・・
tada
[PR]
# by birdclub | 2010-09-05 19:33 | 探鳥会
昆虫展を訪れて 
 バード部+2名で愛媛大学昆虫展へ。 私は大学を訪れたことが1度もなかったので、敷地の大きさなどにおどろきました。 中にカフェもありました! 中学・高校よりかなりすごかったです。 昆虫展では、クイズを解いたり、展示品を見たりして部屋をまっわていきました。 昆虫展と聞いていたので昆虫しかいないと思っていましたが鉱石や化石、土器が展示されていたり、宇宙や愛媛の歴史についての説明などもあり楽しむことができました。 ちなみに私は昆虫についてよりも、赤潮などの環境問題についての説明に興味深々でした。 もともとこういうのに関心をもっているのでついつい(汗)  あっ でも、昆虫についてもいろいろわかりましたよ!! 昆虫の見分け方とか、食べ物とか・・・ また写真も展示されていました。 ちなみにクイズの結果は(10/15点)。 まずまず? あとタマムシが載ってある手紙もいただけました。 その後、tada先輩がadati先輩にカブトムシをいただいていました。 なんでも生物部で育てるらしい。 帰りには、そのカブトムシを飼うための虫かごなどを百均で買って、公園で一休み。 そこで衝撃の事件が! 柿木の下に立っているtada先輩の頭に偶然落ちてきた柿の実が直撃。 運が良いのか悪いのか・・・ *このことは書かないでとtada先輩に言われているためできるだけ目立たない色で表記しました* その後の帰り道に鳥を発見。 先輩の話によるとゴイサギかササゴイ(幼鳥)のどちらかだということ。  いろいろありましたが、楽しかったです。
8月10日
hiyama  
[PR]
# by birdclub | 2010-08-11 21:55 | 課外活動
バード部 in 赤穂根島
 tada先輩が運動公園の探鳥会に参加している間に、私とhukui先輩で赤穂根島の活動へ。 ogawaさんの車とmiyawakiさんの船で赤穂根島に到着。 赤穂根島は、半無人島のようなかんじで自然が豊かでした。 道には、狸のためぐそが! 私はなぜか感動。 鳥類調査ではセミの鳴き声で鳥の鳴き声が聞こえにくい中、西に渡っているサシバや魚を捕って食べていたトビを見ることができました。 またogawaさんからキジバトのことについて教えてもらいました。 その途中では、飼われている牛をみました。 ひさびさに生で牛を見ました。 その後はmiyawakiさんが作ってくださった昼食を食べました。 天ぷらとレモンゼリーがとくにおいしかったです。 自由時間は、hukui先輩といっしょに浜辺をうろうろ。 先輩は岩場で遊んで?いて私は浜辺を掘っていました。(出来た穴はもとどうり埋めておきました。) その後、岩ガキを捕りにいきました。 私には岩とカキの区別があまりつlきませんでした(泣) 岩ガキとレモンのお土産をもらって今回の活動は終了。 miyawakiさんにはとてもお世話になりました。 帰りは、ogawaさんに途中までおくってもらって(アイスもかっていただきました)、そのあとは電車で。 私は、40分くらいまって電車に乗れましたが先輩はまだ電車がこないよう・・・ おそらく2時間くらいまって電車に乗れたんだろうとおもいます。
オアサギ5 トビ4 サシバ5 キジバト6 ホトトギス1 ツバメ2 セグロセキレイ3 ヒヨドリ10+ ウグイス5+ セッカ1 ヤマガラ2 シジュウカラ1 メジロ10+ ホオジロ4 スズメ2 ハシブトガラス3 計16種
8月 8日 (日)  赤穂根島
天候:晴れ
時間:9:00~16:00   
d0008072_17484154.jpg

記念撮影
d0008072_10482297.jpg

みんなで 岩ガキを撮っている 様子。 撮影者:zijiro(5期部長)
hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-08-09 17:45 | 部活
あっ 鳥が飛んだと 思ったら セミだった・・・
今日は部員のhukuiとhiyama君が別の活動に参加するため、JR松山駅で彼らを送りました。それから自分は、運動公園の探鳥会に参加するため 二時間かけて 運動公園に向かいました。着いてお話をしていると、数人しか集まりませんでした。しかし、集合時間が近くなるにつれて、人数は増えていき 最終的に20という数を超えました。
それから、場所を涼しい所に移動して、軽い自己紹介をして探鳥会は始まりました。前半は、なかなか鳥は姿を現してはくれませんでした。しかし、木が多い所に入ると メジロだったりホオジロだったりヤマガラだったりヒヨドリだったり 声はセミの声で聞こえずらかったが、見ることはできた。キャンプ場を過ぎ えひめこどもの城の出入り口を過ぎると、池の反対側に着きました。そこで、自分はいろいろな木を見ていると 怪しい影が・・・ ヒヨドリが激しく飛んでいるにも関わらず、ひっそりと枝に止まっている猛禽類。あの、顔といい体色といい 普段見るトビではないと思った。yamamotoさんも、「あれは、タカ(オオタカかハイタカ)とおっしゃっていた。ちょっと識別出来て、嬉しかった。」
今日は暑いので、頂上は上らず帰るとこと。集合場所に戻るために、進んでいると、水面にを走った1つの影が・・・それを見逃さなかった tange先生。みんなで、もう一回魚を捕るかもしれないので待ってみることに。ずっと待っていると、カワセミが現れた。しばらく、カワセミのお腹や背中の色を観察した。そこの、カワセミの幼鳥が飛んできた。親子らしい。また 枯れ木の位置など 少しでも環境が揃わなかったら、カワセミは住み着かない。とtange先生はおっしゃっていた。我が重信川中流の松前側は、護岸工事で、整備されたものの、人工で作られた環境のため 大丈夫 なんだろうか。と心配になった。
また、今日は鳥だけではなかった。エノキの木に止まるゴマダラチョウ。こんなに、蝶を観察したことがあるだろうか?というぐらい、観察した。また、イトトンボなど、色々なトンボも飛んでいた。またチョウトンボ! これは、すばらしすぎる。なんなんだ。あの背中の色は! 特に陽の光が当たって、反射したときの 色合い。何色もの青があってきれいだった。気づくと水口さんたちと、最後尾だった。水口さんは携帯を用意して、写真を撮ろうとしたが、逃げられた。笑
ダイサギ2 アオサギ2 タカS.P1(オオタカ・ハイタカ) キジバト2+ カワセミ2(うち幼鳥1)親子 ツバメ3 ヒヨドリ2+ ヤマガラ1 メジロ5+ ホオジロ3+ カワラヒワ3 スズメ5+ ハシボソガラス1 ハシブトガラス2
天候:晴れ
活動時間:9:00~12:00
tada
[PR]
# by birdclub | 2010-08-08 14:27 | 探鳥会
西日本の最高峰 石鎚山
 いろいろ、あって更新遅れましたhiyamaです(汗) 探鳥会の前に石鎚山を理科の資料で調べてみると、なんでも「西日本一の高峰で山岳信仰の山・貴重な高山植物や野鳥、昆虫の宝庫」とのこと。 なんかすごいと思いつつ今回の探鳥会に望んだわけです。 当日は、朝4:30に起きて顧問の先生の車で集合場所へ、車では寝させせいただきました。 探鳥会では、ガスのせいか、鳥の姿が見えず、花や蝶などを見て山をのっぼていきました。 途中で毒キノコ?も発見しました。 鳥がまったく見れず、何のためにヒィールドスコープ持ってきたのかと思っていると、奇跡が。 なんと、普通は見つけにくい(らしい)ルリビタキが枯れ木のてっぺんに!ゆっくりその姿を見ることができました。 ガスのおかげかな? その後、登りやすい道のほうを通って頂上に到着(私は鎖のほうを登る勇気は持ち合わせてございません) ガスのせいで天狗岳や風景があまり見れなかったのがざんねんです。 また、頂上に神社があって驚きました。 適当に食事をとって下山開始。 皿ヶ峰のときから思っていたけど、降りが本当に恐いです(泣) 下山途中では、今まで見れなかった鳥たちが嘘のように見れました。 今回の探鳥会では、蚊とガスに悩まされましたが楽しかったです。 でもちゃんとガスがかかっていないときにもう一回登りたいですね。 ちなみに帰りに先生にフランクフルトを買っていただきました。 
ウグイス20+ カケス3 コマドリ3 ホトトギス1 ルリビタキ10+ キセキレイ5 メボソムシクイ7 カヤクグリ2 ヒガラ10+ コガラ5+ ヤマガラ1 ゴジュウカラ4 コゲラ2 キツツキ類? ソウシチョウ? ハシブトガラス? 計16種 参加者 7名
7月 31日  石鎚山
天候: 曇り/雨
時間: 8:00~15:30    
 
d0008072_14375939.jpg
 
d0008072_14392057.jpg

毒キノコ?
d0008072_14401041.jpg

花畑
d0008072_14405979.jpg

天狗岳         hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-08-02 14:27 | 探鳥会
真夏日の探鳥in中流
今日は頼れる部長hiyamaくんに代わって初部ログ!!
意気込んだはぃいものの..この日自分は遅刻してしまいました。橋の下に人が集まってるのが見えてダッシュダッシュ!暑い暑い!!もちろん探鳥会でよくお会いする方々です。合流して早々カワセミの姿を見ることができました。歩いていて途中木陰に入るととても涼しくて気持ちよかったです。土手を学校向きに行くとカワウが中洲にいたり、ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)と成長がお隣どうしにとまっていました。夏は木陰で休むのが一番(?)。カルガモも可愛いセッカも見れて満足な一日でした。
某コンビふたり..川で遊んで風邪ひかないようにね(笑

カワウ31 ゴイサギ7 ダイサギ10+ コサギ5+ アオサギ10+ カルガモ2 トビ1 コチドリ20+ シギ1 キジバト5 カワセミ4 ヒバリ6 ツバメ8 ハクセキレイ1 セグロセキレイ1 ヒヨドリ1 モズ1 ウグイス3 セッカ3 ホオジロ5 カワラヒワ20+ スズメ20+ ムクドリ36+ ハシボソガラス8 ハシブトガラス2 ドバト50+ 
 計25種 参加者15名
※豚小屋用水路でゴイサギ1(親)ホシゴイ2(そのうち1匹は嘴に黄色が見られた)

◎7月19日 重信川中流
天候:晴れ。
時間:9:00~12:00           mina.
[PR]
# by birdclub | 2010-07-22 00:00 | 探鳥会
霧のなかでの探鳥会
 今日は、城山で探鳥会がありました。 朝から天気が微妙であるかどうかわかりませんでしたが、先輩に聞くとあるとのこと。 無いと思っていた私はいそいでいきました。 探鳥会では雨あがりということもあり、湿度が高く、霧がかかり、蚊がたくさんいてたいへんでした。 しかし、良いこともありました。 初めて幼鳥を見ることができたことです。 ヤマガラの幼鳥は、人をそんなに怖がらなかったのでゆっくり観察することができました。 そして、鳥合わせ・・・参加者より見ることが出来た鳥の種類のほうが多かったという結果を残し(この時期はいつもは種類が少ないらしい)終了しました。 ササゴイ1 アオサギ1+ キジバト2 カワセミ1 コゲラ4 ツバメ5 ヒヨドリ5 ヤブサメ3 ウグイス5 キビタキ3+ ヤマガラ20+ シジュウカラ2 メジロ20+ カワラヒワ1 スズメ10+ ハシボソガラス7+ ハシブトガラス3 計17種 天候:雨、曇り(霧)  時間: 8:30~11:00 参加者:14名 hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-07-04 14:19
スイカ戴きました!
先日 芋掘りでお世話になった方から スイカを戴いたと 顧問から 聞きました。
スイカが大きすぎるので、生物部や理科の先生方も呼びました。そして、放課後 スーパーでは売られてないような 大きなスイカが 出てきました。誰が、切るのか みんなで なすりあっていると 生物部のinoue君が 切ってくれました。 とっても おしかったです。
いつも お世話になってばっかしだから、バード部で今度 草でも刈らしてもらおうか?ふふふ
tada
[PR]
# by birdclub | 2010-07-01 22:27 | 部活
~芋ほり~
 今日は、芋ほりがありました。 今日は何をするんだろうと思いながら生物室にむかっていると先生や先輩が集まっていて、何をするのかと聞いたら芋ほりに行くということ。 芋ほりの前には、畑の持ち主の人に作物について教えていただきました。 実を見ずに、葉っぱやツタだけで名前を当てるというクイズもしましたが、自分はジャガイモやサツマイモしか分かりませんでした。 先輩や先生は、カボチャとかもわかってました。 ちなみに今日始めてゴボウがそっだている様子をみました。 自分の想像とは違っていて驚きました。 その後、芋ほりをしました。 用意されていた袋いっぱいとれました(タマネギももらえました)。 赤色のジャガイモはめずらしかったです。 今回は収穫に参加しただけだったので次は種をまくときから参加したいです。 でもひさしぶりに畑の土をさわったな~。 hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-06-09 20:44 | 部活
日本野鳥の会愛媛の総会で
今日の部ログは二本立てです(笑) 城山の探鳥会終了後、小川さんの車にのせてもらって、大谷池にある会場に。 総会の会場にはいろいろと面白い展示品?があって会が始まるまでずっとみてました。 また、お菓子ももらえました。 ちなみにここで私が事実上部長になっていることを知りました。 まだ、バードウォッチングを始めて2ヶ月ぐらいしか経ってないのに・・・不安です。 まあ、まだ先輩は探鳥会に参加するということなので少し安心。 総会では活動報告や議案審議などがありました。 活動報告では、どんな活動をしているかわかりました。 議案審議では、会の名前が変わるという瞬間にたちあうことになりました。 長年ひたしまれてきた名前が変わるというのは残念だなと思います。 そのほかにもいろんなことを話し合って総会終了。 帰りには駐車場できれいな鳥のさえずりを聞くことができました。 今日はいろんなことがありました。 hiyama 
[PR]
# by birdclub | 2010-06-06 20:54
城山~探鳥会~
今日は、城山で探鳥会がありました。 今日は、前部長のtada先輩が用事がありこれないということ・・・ いちまつの不安をかかえつつ集合場所に到着。 そして今日は大学生のかたたちが参加していました。 やっぱりどの年齢でも鳥が好きな人がいるんだな~と実感しました。 探鳥会では、時期的に鳥はあまり見ることができませんでした。 そのかわり、今日は、松田さんにいろんなことを教わることができました。 ヤマガラの背中の柄を聞かれたときはあせりましたが・・・。 そんなこんなで探鳥会終了、気がつくと後ろにtada先輩の姿が!なんでも用事が無くなったとか。 あと誰にも言えませんでしたが探鳥の途中にヤモリ?をみつけました。 あんまり見る機会がないので少し得した気分です。  コゲラ7 ツバメ6 ヒヨドリ10+ ヤブサメ2 ウグイス1 キビタキ5 エナガ7+ ヤマガラ15+ シジュウカラ5+ メジロ20+ カワラヒワ5+ スズメ6 ムクドリ12 ハシボソガラス2 ハシブトガラス5+ 番外 カワラバト1 計(番外除く)15種  参加人数・39名 晴れ 8:30~11:00 hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-06-06 20:17
アホウドリの糞
                  ~つぶやき~
テレビをつけたら、ナウル共和国について特集されていた。
そこで、アホウドリの糞の話が出ていた。 ナウル島は元々珊瑚礁から出来ていて、その国は珊瑚礁が隆起して出来た国であった。その国は渡り鳥(アホウドリなどの海鳥)のどが羽根を休める休憩地で たくさんの渡り鳥が集まってくる。渡り鳥が糞を落としたのがどんどん堆積していって 珊瑚礁と化学反応[瑚礁中のカルシウムと糞のリンが化学反応を起して糞化石質燐鉱石(グアノ)となって堆積]した。リン鉱石(肥料の原料)という資源が出来るらしい。
鳥の糞が反応を起こして、資源になるとは・・・   驚きだ。!
ちなみに、鳩は自分のズボン(制服)に糞を落として行きやがった。自分のズボン場合は、汚れただけだった。(泣)><
tada
[PR]
# by birdclub | 2010-06-04 23:14 | つぶやき
松山市中島町睦月島上陸!!
今日は睦月島で探鳥会、離島に出てくる鳥って珍しいのかな~と車の中で思いながら高浜港に着きました。 朝フェリーに乗船しようと移動している途中綺麗な声で鳴いている鳥がいました。hukui先輩は、「この鳥は何!?」と質問されると、「イソヒヨドリ」とすぐに当てました。そこから、長い長いバードウォッチングの旅は始まりました。
高浜港からフェリーにのって睦月島上陸! フェリーから降りるととトビがカラスの追われている場面と遭遇しました。 トビは猛禽類なのに弱いのか・・・ その後、コジュケイの鳴きまねをするキビタキを見たり、道沿いにおかれているお地蔵さん?を見たりしなが島を1週しました。 途中、勧められて山イチゴ食べてみました。 甘酸っぱくおいしかったです。 ちなみにtada先輩は食べてませんでした、おいしいのに・・・ またハンミョウという背中が綺麗な虫にも出会いました。インターネットで調べてみましたが、ハンミョウは肉食昆虫なんですね。キバもネットで見ましたがすごかったです。tada先輩はヒナバッタ(子ども)というのを捕っていました。小さいバッタよく見つけたなぁ。
hukui先輩は草笛を作って鳴らしていました。 自分も真似はしてみましたがぜんぜんできませんでした。tada先輩は少し吹けましたが、途中息が上がっていました。 なにかコツでもあるのか? 
一時休憩を浜辺でとりました、海が沖縄と同じくらいきれいでした。 お菓子もくださいました。おいしかったです。
自分はもう坂でへとへと、しかし昼食後には川沿いを進むということでした。 そんな~。 まあそれでも頑張り探鳥を続けていると。 町並みを見下ろせる所がありました。 その風景は今までの努力にふさわしいけしきでした(笑)
それから、フェリーの中で鳥合わせをしました。終わってデッキで船から見える松山を見ました。
それから、高浜港に接岸しているのをボーッと見ていると下からtada先輩が走ってきて呼びに来てくれました。もう少しで三津浜まで行っていました。(汗)
 いろいろありましたが、今日の探鳥会に参加してよかったです。  ダイサギ1 アオサギ2 トビ8 オオタカ1 キジ4 ウミネコ5 キジバト9 ホトトギス2 コゲラ4 ツバメ24 コシアカツバメ2 セグロセキレイ1 ヒヨドリ57+ イソヒヨドリ4 ヤブサメ2 ウグイス32 キビタキ1 ヤマガラ4 シジュウカラ3 メジロ50 ホオジロ39 カワラヒワ8 スズメ20+ ムクドリ8 ハシボソガラス6 ハシブトガラス28 サシバ 計27種  
快晴 6:50~15:20 参加者:15名
d0008072_20404428.jpg
d0008072_20464899.jpg

コシアカツバメ(撮影者:tada先輩)
d0008072_20432012.jpg
d0008072_20434017.jpg
 
hiyama  
tada
[PR]
# by birdclub | 2010-05-30 20:30 | 探鳥会
重信川中流域
5月9日重信川中流域で探鳥会がありました。 帽子を忘れ日光と戦いながら探鳥開始(笑) それで、今回はカラスの親子?を発見。幼さの残るカラスの子供はどことなくあいらしかったです。 キジの鳴き声は聞こえたものの姿は見ることができませんでした。 しかし、日本の国鳥であるキジの声を聞けるなんて思っても見ませんでした。 前の探鳥のとき見ることができなかった鳥をみることができ、季節の移り変わりを体感できた今回の探鳥会でした。 カワウ3 ゴイサギ2 ダイサギ3 コサギ5 アオサギ4 マガモ2 カルガモ3 キジ1 コチドリ3 イカルチドリ7 クサシギ3 キアシシギ3 イソシギ3 タシギ2 キジバト10+ カワセミ3 ヒバリ20+ ツバメ10+ ハクセキレイ2 セグロセキレイ3 ヒヨドリ10+ モズ6 ウグイス6 オオヨシキリ7 セッカ5 メジロ1 ホオジロ7 アオジ2 カワラヒワ5+ スズメ30+ ムクドリ20+ ハシボソガラス15+ ハシブトガラス2  番外 ドバト20+  計 (番外のぞく)33種
活動時間9:00~14:00
天候:くもり、晴れ    hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-05-10 11:23
気温が上がってきたと同時に、日差しが強くなってきました。
今日はサンパークで中古車フェアがあったので、部員(tada・hukui・takaoka)とzijiro(5期部長) さんとサンパークに行きました。これ中古!?と思う車がたくさんありました。 いつか車に乗って、watching出来るようになりたいな。  ってオイッッ!
朝8:00にサンパーク集合しました。入ると、鳥の鳴き声ではなくクビキリギス(BIGLOBE百科事典)とニホンアマガエル(BIGLOBE百科事典)の鳴き声が我々を迎えてくれました。それから、カワラヒワの「キリリ、コロロ」(地鳴き)「キリリコロロ、チョンチョンチョンジュイーン(さえずり)も よく聞こえました。歩いていると・・・すぐ近くで キジが「ケン ケーン ドドドド・・・・」[ドドドド・・・は羽ばたく音(ほろうちとも言う)]と鳴きました。 自分はzijiro(5期部長) さんの すぐうしろをついていくと 前をキジが走り去って行きました。色まではわからなかったが、姿が見えたのは良かった。それから、進むと zijiro(5期部長) さんが止まりました。zijiro(5期部長) さんは双眼鏡をのぞいて必死に探していました。そしてフィールドスコープに鳥を合わせると、かなり興奮した様子で見せてくれました。なんと渡り途中のノゴマ♂1でした。今まで見たことのない自分達は、何回も図鑑とスコープを往復しました。 それから、ちょっと開けた場所に出て 鳥を探しているとメジロがさえずっていました。それからコゲラも「ギー」と鳴いていました。それからコサメビタキにも会いました。コサメビタキはズグロカモメの夏羽を見たときと同じようになんとも言えないかわいさに スコープを何度も覗きました。それから また最初に戻りました。「もう一周する」と言われたので、「キジを見てやろう」という思いで望みました。すると、zijiro(5期部長) さんの双眼鏡に反応が、! なんと前日の城山で声だけ聞こえたキビタキでした。zijiro(5期部長) さんがスコープにいれてくださったキビタキを見て、黒と黄の2色に感動しました。キジは どっかに行ったようでした。それからは日差しが強くなり鳥の声も姿も見聞き出来なくなりました。
キジ♂1 キジバト3コゲラ1ツバメ3 セグロセキレイ ヒヨドリ8 ノゴマ♂1 ツグミ2 センダイムシクイS キビタキ♂1 コサメビタキ♂S1 メジロ5+ アオジ♀1 カワラヒワ10+ スズメ10+ ハシボソガラス3 ハシブトガラス2
全17種
サンパーク内での初記録1種(ノゴマ♂1)
活動時間8:00~9:30
天候:快晴
鳥あわせの時に聞くかもしれない記号。
S・・・さえずりのこと  FL・・・飛翔中の姿をみたこと SP.(speciesの略)・・・「種」という意味。観察した野鳥の種名を特定できないときに、「○○○SP.」という使い方をする。SPとは、「○○○目○○○科の○○○属の鳥なんだけど、種名(sp.)までは識別できない」という感じ前日の城山では ある方がセキレイは見たが、セグロセキレイかハクセキレイか識別不可能だった。そこで使われたのが「セキレイSP.」という言葉です。つまり「セキレイ属sp.」は「セキレイ属不明種」とか、「セキレイ属の一種」だそうです。 
d0008072_2231223.jpg

d0008072_2233739.jpg
それからzijiro(5期部長) さんとキャッチボールなどをしました。
このキャッチボールで帽子が必要だなと思いました。次回の探鳥会から帽子を着用したいと思います。
最後にzijiro(5期部長)さんにジュースを戴きました。ありがとうございます。
高速の下で解散しました。副部長の電車の時間が余裕ということで高速の下で涼んでいました。
そしたら いつのまにか その場から動けなくなり1時間程 高速の下にいました。はやく帰ればよかったです。副部長の次の電車までかなり時間があまっているということなので、河口に行きました。着いたら自分も含めて watching所ではなく、日陰で涼みました。とりあえず次回からは帽子着用しないと 危ないなぁと思った午後でした。今 かなり顔面が熱いです。
写真提供:zijiro(5期部長)
参考にしたもの(野鳥の声):フィールドガイド 日本の野鳥  zijiro(5期部長)
             
[PR]
# by birdclub | 2010-05-03 22:03 | 課外活動
城山~探鳥会~
今日は、城山で探鳥会がありました。 実は、城山(松山城)に行くのは初めてですごく興奮しました。なぜかというと、GWということもあり観光客でにぎわっているし、お城はすごいし・・・。 探鳥会では天候にはめぐまれていたんですが、私はあまり鳥を見つけられませんでした。 鳥あわせのとき、「そんなにみれたんですか!」と驚くばかりでした。また、参加者さんたちとのお話も楽しかったし、ためになりました。探鳥会終了後は松山市内で先輩2人と私で道に迷いましたが、ちゃんと家に帰ることができました。よかった、よかった。     天候ー晴れ 参加者ー37人     キジバト4 アオゲラ1 コゲラ4 ツバメ4 ヒヨドリ5+ シロハラ1 ツグミ1 ヤブサメ1 ウグイス1 キビタキ6 エナガ6 ヤマガラ7 シジュウカラ4 メジロ20+ カワラヒワ3 スズメ10+ ハシボソガラス2 ハシブトガラス20+ 計18種  hiyama
[PR]
# by birdclub | 2010-05-02 16:01
4月29日~バード部の日~
はじめまして、新入部員の日山です。 今日は皿ヶ嶺で探鳥会(登山?)がありました。午前中は気温が低いにも関わらず、登山では、中央高校ゆかりの参加者さんたちは、山道をものともせず歩いてました。 自分はもうバテバテでした。 もっと体力つけないとな~。 目的地の竜神平では飯ごう炊飯でおいしいご飯やキムチ鍋などをいただきました。 あれはもうお腹いっぱい食べましたね。 そして、そこではコゲラやゴジュウカラなどをみました。 けっこうまじかで見れて驚きました。 そして、その後みんなで記念写真を撮って下山しました。 なんか、ご飯食べることが主役みたいになりましたがいろいろとたのしかったです。  ちなみに、今日がバード部の日というのは、僕がきめたわけではなく、先代の部長?がきめたものです。 それでは・・・バードウォッチングについてまだ右も左もわからない状態ですがこれからがんばっていきます。顧問のプリウス、エンジンが静かでびっくりしました。みかんやマヨネーズ付きのさやえんどう おいしかったです。
見た鳥:アオゲラ コゲラ ヒヨドリ ミソサザイ コルリ ウグイス エナガ コガラ ヒガラ ヤマガラ ゴジュウカラ ホオジロ ハシブトガラス 全13種
活動時間:9:00~16:00
天候:くもり 晴れ
以下 tada
d0008072_199409.jpg

最初に訪れた場所。風穴。あの中から冷たい?(今の時期は寒い)風が出て来ます。
d0008072_19111216.jpg

みんな 荷物持って 登っています。10:30頃
d0008072_19133258.jpg

だいぶ 登りました。 目的地まで あともう少し!!
d0008072_19145869.jpg

途中 愛媛大学農学部の安達さん(松山中央高校 20期生 バードウォッチング部長の先輩)虫をとっていた。
d0008072_19174095.jpg

目的地到着! これから飯盒炊爨だ!
d0008072_19191892.jpg

この小屋で 鍋やご飯を作っていたよ。
d0008072_1920511.jpg

お米を炊く水は、山から湧き出ている この水!
d0008072_19222069.jpg

これから 女の人たちがお米を炊くぞ。 おいしく出来ているかな。お米が気になる男子たちだが、 外で探鳥や散策。
d0008072_19242776.jpg

はい! キムチ鍋完成! ご飯は撮るの忘れてました。(謝) でも お焦げがあって 腹が減っていたのか、おいしかった。
d0008072_19253220.jpg

最後に集合場所の近くの池で、イモリを捜索して 終了。

[PR]
# by birdclub | 2010-04-29 18:40 | 課外活動
報告
今校内ではスズメが繁殖しております。
巣の近くに行くと小さく 細い声で 幼鳥が元気に泣いております。
じっと巣から離れて双眼鏡で見ていると親鳥が口で何かを拾って巣に戻っている ことが確認できます。巣に戻り方は わずかに親鳥が入れるスペースがあって その下でホバーリングみたいことをして巣の中に入ります。
去年、まだバードウォッチング部に入りたての頃も そこで繁殖が行われていたが まだ毛も生えていなく ピンクの肌が露出している幼鳥が巣から落ちたようなことが 過去にありました。
何とか 今年は全員無事に巣から 旅だって欲しいと思う。
場所は特別教棟の1F生物室と美術室の間の階段の所のシャッターの所。
tada
d0008072_2337299.jpg
d0008072_23371231.jpg
d0008072_23372047.jpg

[PR]
# by birdclub | 2010-04-27 23:37 | 部活
 
Copyright (c) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.