愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部

◆バードウォッチング部ログ◆

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
昆虫展を訪れて 
 バード部+2名で愛媛大学昆虫展へ。 私は大学を訪れたことが1度もなかったので、敷地の大きさなどにおどろきました。 中にカフェもありました! 中学・高校よりかなりすごかったです。 昆虫展では、クイズを解いたり、展示品を見たりして部屋をまっわていきました。 昆虫展と聞いていたので昆虫しかいないと思っていましたが鉱石や化石、土器が展示されていたり、宇宙や愛媛の歴史についての説明などもあり楽しむことができました。 ちなみに私は昆虫についてよりも、赤潮などの環境問題についての説明に興味深々でした。 もともとこういうのに関心をもっているのでついつい(汗)  あっ でも、昆虫についてもいろいろわかりましたよ!! 昆虫の見分け方とか、食べ物とか・・・ また写真も展示されていました。 ちなみにクイズの結果は(10/15点)。 まずまず? あとタマムシが載ってある手紙もいただけました。 その後、tada先輩がadati先輩にカブトムシをいただいていました。 なんでも生物部で育てるらしい。 帰りには、そのカブトムシを飼うための虫かごなどを百均で買って、公園で一休み。 そこで衝撃の事件が! 柿木の下に立っているtada先輩の頭に偶然落ちてきた柿の実が直撃。 運が良いのか悪いのか・・・ *このことは書かないでとtada先輩に言われているためできるだけ目立たない色で表記しました* その後の帰り道に鳥を発見。 先輩の話によるとゴイサギかササゴイ(幼鳥)のどちらかだということ。  いろいろありましたが、楽しかったです。
8月10日
hiyama  
[PR]
by birdclub | 2010-08-11 21:55 | 課外活動
バード部 in 赤穂根島
 tada先輩が運動公園の探鳥会に参加している間に、私とhukui先輩で赤穂根島の活動へ。 ogawaさんの車とmiyawakiさんの船で赤穂根島に到着。 赤穂根島は、半無人島のようなかんじで自然が豊かでした。 道には、狸のためぐそが! 私はなぜか感動。 鳥類調査ではセミの鳴き声で鳥の鳴き声が聞こえにくい中、西に渡っているサシバや魚を捕って食べていたトビを見ることができました。 またogawaさんからキジバトのことについて教えてもらいました。 その途中では、飼われている牛をみました。 ひさびさに生で牛を見ました。 その後はmiyawakiさんが作ってくださった昼食を食べました。 天ぷらとレモンゼリーがとくにおいしかったです。 自由時間は、hukui先輩といっしょに浜辺をうろうろ。 先輩は岩場で遊んで?いて私は浜辺を掘っていました。(出来た穴はもとどうり埋めておきました。) その後、岩ガキを捕りにいきました。 私には岩とカキの区別があまりつlきませんでした(泣) 岩ガキとレモンのお土産をもらって今回の活動は終了。 miyawakiさんにはとてもお世話になりました。 帰りは、ogawaさんに途中までおくってもらって(アイスもかっていただきました)、そのあとは電車で。 私は、40分くらいまって電車に乗れましたが先輩はまだ電車がこないよう・・・ おそらく2時間くらいまって電車に乗れたんだろうとおもいます。
オアサギ5 トビ4 サシバ5 キジバト6 ホトトギス1 ツバメ2 セグロセキレイ3 ヒヨドリ10+ ウグイス5+ セッカ1 ヤマガラ2 シジュウカラ1 メジロ10+ ホオジロ4 スズメ2 ハシブトガラス3 計16種
8月 8日 (日)  赤穂根島
天候:晴れ
時間:9:00~16:00   
d0008072_17484154.jpg

記念撮影
d0008072_10482297.jpg

みんなで 岩ガキを撮っている 様子。 撮影者:zijiro(5期部長)
hiyama
[PR]
by birdclub | 2010-08-09 17:45 | 部活
あっ 鳥が飛んだと 思ったら セミだった・・・
今日は部員のhukuiとhiyama君が別の活動に参加するため、JR松山駅で彼らを送りました。それから自分は、運動公園の探鳥会に参加するため 二時間かけて 運動公園に向かいました。着いてお話をしていると、数人しか集まりませんでした。しかし、集合時間が近くなるにつれて、人数は増えていき 最終的に20という数を超えました。
それから、場所を涼しい所に移動して、軽い自己紹介をして探鳥会は始まりました。前半は、なかなか鳥は姿を現してはくれませんでした。しかし、木が多い所に入ると メジロだったりホオジロだったりヤマガラだったりヒヨドリだったり 声はセミの声で聞こえずらかったが、見ることはできた。キャンプ場を過ぎ えひめこどもの城の出入り口を過ぎると、池の反対側に着きました。そこで、自分はいろいろな木を見ていると 怪しい影が・・・ ヒヨドリが激しく飛んでいるにも関わらず、ひっそりと枝に止まっている猛禽類。あの、顔といい体色といい 普段見るトビではないと思った。yamamotoさんも、「あれは、タカ(オオタカかハイタカ)とおっしゃっていた。ちょっと識別出来て、嬉しかった。」
今日は暑いので、頂上は上らず帰るとこと。集合場所に戻るために、進んでいると、水面にを走った1つの影が・・・それを見逃さなかった tange先生。みんなで、もう一回魚を捕るかもしれないので待ってみることに。ずっと待っていると、カワセミが現れた。しばらく、カワセミのお腹や背中の色を観察した。そこの、カワセミの幼鳥が飛んできた。親子らしい。また 枯れ木の位置など 少しでも環境が揃わなかったら、カワセミは住み着かない。とtange先生はおっしゃっていた。我が重信川中流の松前側は、護岸工事で、整備されたものの、人工で作られた環境のため 大丈夫 なんだろうか。と心配になった。
また、今日は鳥だけではなかった。エノキの木に止まるゴマダラチョウ。こんなに、蝶を観察したことがあるだろうか?というぐらい、観察した。また、イトトンボなど、色々なトンボも飛んでいた。またチョウトンボ! これは、すばらしすぎる。なんなんだ。あの背中の色は! 特に陽の光が当たって、反射したときの 色合い。何色もの青があってきれいだった。気づくと水口さんたちと、最後尾だった。水口さんは携帯を用意して、写真を撮ろうとしたが、逃げられた。笑
ダイサギ2 アオサギ2 タカS.P1(オオタカ・ハイタカ) キジバト2+ カワセミ2(うち幼鳥1)親子 ツバメ3 ヒヨドリ2+ ヤマガラ1 メジロ5+ ホオジロ3+ カワラヒワ3 スズメ5+ ハシボソガラス1 ハシブトガラス2
天候:晴れ
活動時間:9:00~12:00
tada
[PR]
by birdclub | 2010-08-08 14:27 | 探鳥会
西日本の最高峰 石鎚山
 いろいろ、あって更新遅れましたhiyamaです(汗) 探鳥会の前に石鎚山を理科の資料で調べてみると、なんでも「西日本一の高峰で山岳信仰の山・貴重な高山植物や野鳥、昆虫の宝庫」とのこと。 なんかすごいと思いつつ今回の探鳥会に望んだわけです。 当日は、朝4:30に起きて顧問の先生の車で集合場所へ、車では寝させせいただきました。 探鳥会では、ガスのせいか、鳥の姿が見えず、花や蝶などを見て山をのっぼていきました。 途中で毒キノコ?も発見しました。 鳥がまったく見れず、何のためにヒィールドスコープ持ってきたのかと思っていると、奇跡が。 なんと、普通は見つけにくい(らしい)ルリビタキが枯れ木のてっぺんに!ゆっくりその姿を見ることができました。 ガスのおかげかな? その後、登りやすい道のほうを通って頂上に到着(私は鎖のほうを登る勇気は持ち合わせてございません) ガスのせいで天狗岳や風景があまり見れなかったのがざんねんです。 また、頂上に神社があって驚きました。 適当に食事をとって下山開始。 皿ヶ峰のときから思っていたけど、降りが本当に恐いです(泣) 下山途中では、今まで見れなかった鳥たちが嘘のように見れました。 今回の探鳥会では、蚊とガスに悩まされましたが楽しかったです。 でもちゃんとガスがかかっていないときにもう一回登りたいですね。 ちなみに帰りに先生にフランクフルトを買っていただきました。 
ウグイス20+ カケス3 コマドリ3 ホトトギス1 ルリビタキ10+ キセキレイ5 メボソムシクイ7 カヤクグリ2 ヒガラ10+ コガラ5+ ヤマガラ1 ゴジュウカラ4 コゲラ2 キツツキ類? ソウシチョウ? ハシブトガラス? 計16種 参加者 7名
7月 31日  石鎚山
天候: 曇り/雨
時間: 8:00~15:30    
 
d0008072_14375939.jpg
 
d0008072_14392057.jpg

毒キノコ?
d0008072_14401041.jpg

花畑
d0008072_14405979.jpg

天狗岳         hiyama
[PR]
by birdclub | 2010-08-02 14:27 | 探鳥会
 
Copyright (c) 愛媛県立松山中央高等学校バードウォッチング部 All rights reserved.